【べガス&グランドサークル2017/その5】ホースシュー・ベンド!

カテゴリ:
【ラスベガス&グランドサークル周遊2017】の 旅行記もくじ はこちら!

早朝にラスベガスを発って早数時間。
ネバダ州からアリゾナ州をひた走り…。
IMG_3867
最初の目的地であるホースシュー・ベンドに到着。
車を降りて観光します。
IMG_3868
正直言うと、ホースシューベンドはそれほど期待値が高かった場所ではないのですが、
ラスベガス発のグランドサークルを巡るツアーの多くには
ここの観光が含まれていることが多いようでした。
位置的にちょうどいいのかもね。
IMG_3869
ちなみに、ホースシュー・ベンド…Horseshoe Bendとは、
コロラド川馬の蹄鉄(Horseshoe)の形に蛇行している場所のことだそう。

言葉で説明するより、見てもらった方が早いね!
つまりどういうことかというと…
IMG_3871
こういうことだー!
IMG_3878
まさに蹄鉄のように削られた大地が、1つの大きな岩山のように残っています。

こんな風になるまでに果たして何万年、
もしかしたら何十万、何百万年?の月日を要したのかなと考えると、気が遠くなる…!

期待値低いとか言ってほんとごめん…!
自然ってすごい…!!
IMG_3885
これがコロラド川かぁ……!

ウエスタンリバー鉄道にも「コロラド号」と名前がついてる車両、ありますよねぇ…(D脳)
名前の響きだけでロマンを感じてしまう…!

ちなみにColoradoとは「赤みがかった茶色」という意味で、
コロラド州のロッキー山脈からグランドキャニオンの峡谷を通り、
メキシコのカリフォルニア湾へと注ぐ川だそう。

コロラド川の全長は2333kmありますが、
これでもアメリカの河川ランキングでは第5位の長さだというから驚きです。

日本の第一位が信濃川(367km)であることを踏まえると、
アメリカという国がいかに広大な国であるかがよくわかります。
IMG_3880
なお、アメリカの自然公園はどこもそうなのですが、

「自然の形を極力そのまま残す」

ということを基本として整備されているため、
安全柵などは必要最低限の場所にしか設置されていません
IMG_3886
ギリギリまで身を乗り出して写真を撮ることもできるけど、
全て自己責任で観光しなければならないのです。
IMG_3888
やはり年に何件か、落下事故というのはあるそうで。
私も気をつけなければ…
IMG_3884
などと言いつつもついついこんな写真を…ひええぇぇぇ足がすくむ……!!!!!
IMG_3889
ホースシューベンドには30分もいなかったかな?
でも充分堪能できました!歩いて車に戻ります~!
IMG_3890
車に戻るほんの数分間の道のりですらも、ため息が出るほどの景色。
右を見ても左を見ても絶景かな絶景かな。空も青くて気分は最高!
IMG_3891
さて、ここからまたしばらく車で走り、2番目の観光ポイントである

アンテロープ・キャニオン

へ向かいます。

ところで私、さっきから「車で数時間」などと軽く書いていますが、
今回のツアーは、観光している時間よりも車で移動している時間の方が長いのです。

この日もすでに朝から7~8時間、距離にして500km以上は移動してきたんじゃないかな。
IMG_3972
ちょっとしたモールに到着。

ここで1時間ほどの休憩(昼食時間)があったので、
他の参加者の方たちと一緒にサブウェイでサンドイッチを食べて、
スーパーマーケット(SAFEWAY)を散策しました。
この時は私は特に買い物しなかったけど、アメリカのスーパーって楽しいよね!
IMG_3971
さて、休憩後はいよいよアンテロープキャニオンへ。
今回のツアーのメインイベントの1つです!

(つづく!)

【ベガス&グランドサークル2017/その4】母なる大地・グランドサークル1泊ツアーへ出発!

カテゴリ:
【ラスベガス&グランドサークル周遊2017】の 旅行記もくじ はこちら!

11/14(火)

ラスベガスに来て2日目。
いよいよ憧れのグランドサークルを巡るツアーに出発します!

この日の集合時刻は午前3時45分……

3時で起きて、眠い目を擦りながら身支度を整え、1Fのフロントでチェックアウト。
お隣のパリスホテルの車両乗降場(前日にUberを降りた場所)にてお迎えの車を待ちます。

もちろん外はまだ真っ暗
IMG_8376
時間どおりにお迎えのバンが来てくれました。

パリスからいくつかのホテルを経由しがら他の参加者さんをピックアップし、
ラスベガスの街を抜ける頃には、うっすらと空が明るくなって来ました。
IMG_3839
なお、準備編にも書いたように、このツアーはJTBさん経由で予約しましたが、
実際にツアーを催行していたのは現地の旅行会社さんでした。

とはいえガイドさんも、他の参加者さんも、全員日本の方です。
IMG_3840
この日のツアーの参加者は、私を含めて6人。(+ガイドさんがお2人)

このうち、私ともう一人の方は【1泊2日のツアーで、
他の4人の方達は2泊3日のツアーであるとのこと。

2日目のグランドキャニオンの観光が終わったところで
私達は2泊ツアーの方達とお別れしてべガスに帰る車に乗るそうです。
こんなケースもあるんだねー!

車の座席配置は運転席の後ろの3人×3列の9人掛けのシートに6人だけだったので、
ゆったり座れて楽チンでした!
(ピークシーズンはギリギリに詰め込まれるみたいです)

2日間、ガイドMさんが運転席、ガイドKさんが助手席に座っていらっしゃいました。
普段はガイドさんはお1人だけのこともあるようです。
IMG_3841
車はまず、第一の目的地であるホースシュー・ベンドへ向かいます。

道中は、ガイド兼ドライバーさんのMさん
アメリカの歴史や文化についてお話をしてくださいました。
IMG_3844
私てっきり、ドライバーさんとガイドさんは別の方だと思っていたのですが、
ガイドさんが自らハンドルを握りながら休みなく解説をしてくださるのでびっくり!

目的地に到着してからはもちろんですが、
道中の車内でもためになるお話をたくさんお聞きできて、すごく勉強になりました~。
IMG_3846
ちなみに、今回ご一緒させて頂いた参加者さん達は

・お一人参加の男性が2名
・お一人参加の女性が1名(※うち1人は私)
・新婚旅行のご夫婦が一組

という顔触れでした。
みなさん気の良い方たちで、一緒に楽しい時間を過ごさせて頂くことができました。
IMG_3845
ガイドさんのお話を聞きながら荒野をひた走ります。
「あーアメリカに来てるぞ!」って感じの景色!

だいぶ明るくなってきた。
IMG_3852
車は大体1~2時間に1回程度、給油お手洗い休憩で停車しました。
IMG_3851
ガソリンスタンドの隣の売店(コンビニ)で食料や飲み物などを買うこともできました。
車内で飲食してもOKとのことだったので、私もドーナツを1つ買って車で食べることに。

他の参加者さん達は、併設のマクドナルドなども利用されていました。

ちなみに今回のツアーは「ツアー中は大したものが食べられませんので、
心配な方はご自分で食料を持参して下さい(意訳)」
というようなことも
事前に言われていましたが、実際に参加してみてその意味がわかりました笑
IMG_3855
再び出発する頃には青空が。
IMG_3856
なんだかもうすでに車窓の景色が凄くて、つい見入ってしまう…!
移動時間が長い旅でしたが、見飽きるということは全くありませんでした。
IMG_3859
そうだ、グランドサークル観光中のインターネット環境について書いておきますね。

今回はglobal wifiのルーターを日本からレンタルしていき、
現地ではT-mobileの回線に接続して使っていたのですが、
アナハイムやラスベガスではもちろん、グランドサークルツアー参加中も
ほぼほぼ普通にインターネットに接続できました


確か一番安いプランの契約だったんですけど、
調べものをしたり、SNSを利用する程度なら速度も問題なかったです。

とはいえ「荒野のど真ん中」みたいな場所を走っている時だけは
1~2時間単位で繋がらなくなることもあるにはありましたが、
移動中は寝ていることも多かったし、それほど不便には感じなかったかな。
ホテルではもちろんwi-fiが使えました。

SIMを差し替えていなかったおかげでUberも簡単に呼べたので、
今回はルーターレンタルで正解だったかなと思います。

(つづく!)

【ベガス&グランドサークル2017/その3】IN'N OUT & KA鑑賞

カテゴリ:
【ラスベガス&グランドサークル周遊2017】の 旅行記もくじ はこちら!

セフォラであれこれ物色していたら、あっという間に外が暗くなってしまった。
IMG_8351
この日の夕飯は、パリスホテルのバフェに行こうかなと思っていたのですが、
朝寝したせいで時間がなくなってしまった……ので、
ハンバーガーをテイクアウトしてホテルの部屋で食べることにしました。

夜の外出の前にいったん部屋に荷物も置きたかったしね。
IMG_8352
で、やってきたのはこちら~!
IN'N OUT  インアンドアウト
IMG_8353
IN'N OUTは、アメリカ西海岸を中心に展開している人気のバーガーショップ

発祥はカリフォルニアだそうなんだけど、
アナハイムのディズニーランドから行くにはちょっと遠いので、
まだ食べたことが無かったの。

ストリップから少し入ったところに店舗があることは事前にチェック済みだったので
このタイミングで行ってみることにしたんです。
IMG_8354
ハンバーガーを小脇に抱え、また歩いてバリーズに戻ります。

ストリップは人通りが多いので夜でも全然怖い感じはありませんが、
暗くなってからは一応手荷物には気を配って歩きました。
IMG_8355
お、見えてきた!
IMG_8356
無事到着~!
IMG_3828
部屋に戻って早速いただきます。
IMG_3829
IN'N OUT定番のハンバーガー($2.95)
注文を受けてから調理するとのことで、レタスもシャキシャキ。
シンプルで、素材のおいしさを生かしたバーガーです。
IMG_3831
チーズポテト!($4.10)
これね、確か裏メニューってやつで、メニューには載ってないかったはず…。
(注文は「フレンチフライにチーズを乗せて!」でOKでした。)

このチーズポテト、どなたかのブログで見ておいしそうだな~と真似して見たんですが、
チーズがすごくしょっぱかったです!
小さいサイズなんだけど、一人では完食できなかった!

実はこちらのお店、メニューに記載されている品数はすごーく少ないんです。
でもバーガーもポテトも、かなりいろいろなアレンジができるみたい。
行かれる方はぜひ事前に調べてみてください!

あ、そうそう!
この時一緒に注文したレモネード($1.80)もめちゃくちゃおいしかった!
アメリカに行くとレモネードばっかり飲んでる私ですが、
ここのお店のはかなりレベルが高かったです!またぜひ飲みたいー!
IMG_8360
ささっと夕飯を済ませた後は、再び外出。
今度はストリップ通りを歩いて南下します~。

ちなみに、ストリップには歩道橋が張りめぐらされていて、
基本的には歩行者用の信号や横断歩道はほとんどありません。
なのでこの界隈で遊んでいる時は、階段を登ったり降りたりする回数が多いです。
IMG_8361
バリーズから20分くらい歩いたかな?
MGMグランドホテルに到着!

ここに来た理由は…
IMG_8363
シルクドソレイユの大人気演目 “KA(カー)!!!!

今晩はこれを見るのだー!
IMG_8369
ホテルにはそこそこ余裕をもって到着できたものの、ホテルの中が広過ぎて、
KAのシアターに辿りつくのにさらに10分以上かかってしまった;;

窓口に立ち寄る必要のないeチケットだったからよかったけど…焦ったー!
開演前にお手洗いにも寄りたいし、時間には余裕を持って到着しないとだめですね。
(なお、私のお隣は日本の方だったのですが、開演時間に間に合わず遅れて着席していました。
私と同じような理由で時間がかかっちゃったのかな…と推察。)

IMG_8368
こちらがシアターのエントランス。
KAは1日2回公演で、私が見たのは1回目(19時スタート)の回。
2回目は21:30開演なので、出演者の方はかなりハードですね…。
(木・金は基本的に休演日のようなので、渡米前に日程を確認した方がよさそうです)

上演時間は休憩なしの90分です。
IMG_8367
「KA」には東アジアの文化にインスピレーションを受けたと思われる演出が多々ありまして、
入場前のエリアにはこんな大きなドラゴンのプロップスもありました。
IMG_8366
で、見たんですけどね。


め、めっちゃかっこよかったーーー!!!!!!


これは本当に見に行って良かった!!!!!!


専用劇場なので、舞台セットの規模も想像以上でしたし、
パフォーマーの方たちはもちろん皆さん超一流!
(オリンピックメダリスト級の方たちが出演されています。)

一応ストーリーはあるのですが、セリフは無く、
身振り手振りで表現されるので英語の心配も全く入りません。

「生の舞台」って、いろいろな種類のものがありますよね。
ストレートプレイとか、クラシック音楽、オペラ、
そして雑技やシルクドソレイユのようなもの。

中でも私はミュージカルが大好きで大好きで、
三度の飯より愛してやまないのですが、
そんな私でもKAはぜひまた見たいと思った!

「繰り出される技がすごい」というだけではなくて
音楽も演出もめちゃくちゃ格好良かったです!痺れた!!

アメリカのエンターテイメントはやっぱり世界一だなぁ!と
改めて突きつけられたショーでした。
また行く機会があれば、今度はぜひ O(オー)も見たいです!

なお、はりきって買った最前列はさすがに迫力はあったけど、
ちょっと首が痛くなったので、やっぱりもうちょっと後ろがベストだったかな。
(すごく「高さ」があるショーなので、前方席は上を見上げて鑑賞する時間が長いです)

それとしつこいようですけど、劇場には必ず余裕を持って到着するようにしてくださいー!
せっかくの素晴らしいショーなので、1秒でも見逃すのはもったいないです!
それと、会場内は冷房が効いているので、上に1枚羽織れる物があると安心かなと思います。

上演中は撮影禁止なので、公式のプロモ映像を貼っておきますね。



ちなみに、2つ目に貼った方の動画で素晴らしい技を披露しているバトントワラーさんは、
日本人の方(高橋典子さん)だと思います。

私が見た回もご出演されていたのですが、ソロ演技の時間が長く、
とても重要な役どころでした!

終始スケールが大きいショーなので、全体としては後方席でも楽しめる内容なのですが
こういう細かい技が楽しめるのはやっぱり前方席の特権かなぁと思います。
かといって前過ぎても首が痛くなるし、10列目くらいが一番見やすいんじゃないかなー。
IMG_8364
興奮冷めやらぬ終演後は、オフィシャルショップをチラ見。

音源がかなり好きな感じだったのでCDが欲しかったんだけど、
日本でも買えるかなと思ってそのままお店を出ました。
IMG_8370
さて、ホテルに帰るよ~。

行きは歩いてきましたが、帰りは一刻も早く帰りたかったので
MGMから直接乗れるモノレールを利用することにしました。(明日もまた朝早いので…;;)
IMG_8372
モノレールは1回券が$6なので、ちょっと割高です。
IMG_8373
車内の様子。薄暗い笑
MGMからパリスまでは1駅なので、私以外には降りる人はほとんどいなかったです。

部屋に戻ってお風呂に入り、急いで荷物をパッキング。
ベッドに入りました。

翌日は早朝からグランドサークルのツアーに参加するよー!

(つづく!)

【べガス&グランドサークル2017/その2】ラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレットとストリップ散歩

カテゴリ:
【ラスベガス&グランドサークル周遊2017】の 旅行記もくじ はこちら!

うっかり寝過ぎたせいで予定よりだいぶ遅くなってしまいましたが、
気を取り直してホテルを出発~。
IMG_8324
こちらはバリーズのお隣のホテル「パリス」のシンボル、エッフェル塔です。

ストリップ沿いのホテルはテーマが設定されているところも多く、
外観を見て周るだけでも楽しいです。(バリーズは割と普通のホテルだけど)
IMG_8328
まずはバスでプレミアムアウトレットモールに遊びに行きまーす!
IMG_8325
ストリップからアウトレットに行くにはいくつかの方法がありますが、
この日は、パリスの前のバス停から乗れるSDXという公営バスを利用することにしました。
(チケットにプリントしてある“RTC”というのはバスの運営会社のロゴだそう)
IMG_8327
自動販売機で1日乗り放題券(24時間券)を購入。2017年秋の段階では $8 でした。
IMG_8337
バスに揺られること20~30分、ストリップ通りの北にある
ラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレットにやってきたよ!
IMG_8336
プレミアム・アウトレットというのは世界中にモールを展開していて
(日本にもたくさんあるよね)、ラスベガスには2つのアウトレットを出店しています。

それぞれに「ノース」と「サウス」という名前が付いていて、
今回は、気になるお店の数がより多かった「ノース」のみに行ってきました。
IMG_8329
まずはインフォメーションを訪れ、クーポンブック地図をゲット。
(クーポンブックは無料でもらえる方法がいくつかあるので、ぜひ検索してみて下さい。)

なお、これを貰いに行ったらインフォのお兄さんに
「コンニチハ!今日ハ、イイ天気デスネ!」と日本語で挨拶をされてびっくり。

JCBカードが使えるお店も結構あったし、日本からのお客さん、きっと多いんだなぁー。

さて、バリバリ(というほどでもないけど笑)買い物します!
しっかり見たいお店は事前にリストアップしてあったので、
地図を眺めながら散策しました。
IMG_8331
まずは先日、哀しいニュースが飛び込んできてびっくりした ケイト・スペード

アメリカのブランドだけあって、ここはかなり安かったです。
米国内の販売価格から70%オフ、クーポンを使えばさらにお得に!みたいな感じだったから、
日本の市価に比べたらすごい割引率。
好みのデザインがあればかなりラッキーかも。
IMG_8332
色も形も普通にシンプルなラインもたくさん並んでいたので、
「ケイトの通勤バッグが欲しい!」みたいな方にはお勧めできるかな。

私はバッグはそれほど惹かれるデザインがなかったんだけど、
パスケースを新調したいと思っていたので、適当なのを選んで1つ買いました。
(税込みでも$20しなかったw)

コーチ、FURLA、トリー・バーチあたりもざっと見たけどこの日は何も買わずに終了。

ブランドによっては、店頭で40~50%オフのクーポンを配っているお店もありましたので
店頭価格があまり安くないなと思ったら、そういうものが無いか探してみた方がいいです。
IMG_8334
こちらはディズニーストア・アウトレット
ホーンテッドマンションのピンセットが売ってました。

これ、確か数年前にパークで$30くらいで売ってた気がするなぁー。
アウトレットに回るほど余っていたとはw  $9.99は安い。
IMG_8333
この辺りの商品は多分特に安くなかったと思うんだけど、
FROZENの新作短編のグッズも売ってました。猫ちゃんかわいい♪
IMG_8330
こちらは化粧品のアウトレットショップ。

エスティローダーのダブルウェアリキッドは日本でも人気がある商品ですが、
ここではなんと$29.5だったので、自分に合う色があればかなりお得ですね。

他にも確かMACとかトムフォードなんかもあったけど、
奇抜な色とかシーズン限定品以外はさほど安くなかったような。

お化粧品はかなり買う気満々で行ったものの、
「これ!」という商品に出会えず結局スルー。



それほど巨大なアウトレットではない(とはいえアメリカなので普通に広いけど)ので、
3時間ほどの滞在で、気になるお店は一通り見て回れました。

またまたバスでストリップに戻ります。
IMG_8339
行きのバスはパリスホテルの目の前から乗れましたが、
帰りは少し離れたところにバス停があります。

のんびり歩いて戻るよ。
IMG_8343
お、アベンジャーズのエキシヴィジョンやってるー!

でもまあ今回はアナハイムでたっぷりアベンジャーズに会えたし、
入場料が割と高かった気がするのでこの日は立ち寄らず。
IMG_8345
トレジャーアイランド(ホテル)では、以前は海賊船のショーが開催されていましたが
現在は終了してしまったそう。

かつて、べガスのホテルでは観光客向けにいろんな無料ショーをやっていたそうなのですが、
今は(経費的な問題で)数は減っているみたい。
ダウンタウンの「フリーモント・ストリート」のアーケイドショーなんかは特に有名ですよね。

わたしは今回の旅はダウンタウンには行かなかったので、
ベラッジオの噴水ショーだけは最終日に見られたけれど、
ミラージュの火山のショーは今回は時間が合わず、結局見られなくて残念。
IMG_8346
当日の話に戻ります。ストリップを南下して…
(しかし、「ストリップ通り」って今なら絶対つけなさそうな名前だよね…)
IMG_8347
ホテル・ベネチアンにやってきました。

なぜここに来たかといいますと。
IMG_8348
そう!SEPHORA~!!!!!笑

アナハイムでも散々通いましたが、べガスでも行く笑
まだメンバーセールの期間中だから!
(アナハイムの記事にも書いたけど、今回の旅行はちょうど
年に2回のセフォラのメンバーセールの時期に重なって、全品15~20%オフだったんです!)

IMG_8349
道すがら、なぜかハルクバスターがいたので一応撮影。
IMG_8350
セフォラに到着!
アナハイムでは品切れていた商品がラス1で残っていたので、来たかいがありました!
IMG_8357
で、この日の戦利品!

基本的に、セフォラ以外では「定価よりかなりお得感がある」商品しか買わなかったな。


・NIKE 
ランニング用のキャップ 定価$24→$15

・ロクシタン
ミニサイズのハンドクリームやリップクリームの缶入りセット
定価$24→$10

・ノースフェイス
ライトダウンジャケット  定価$160→$95
薄手のフリースインナー  定価$55→$27.5

・ケイトスペード
パスケース  $76→$17.5


こんな感じ。こうしてリストアップするとほとんど大したもの買ってないやw

ノースフェイスのアウトレットは割引率が高くて楽しかったです。
ライトダウンのジャケットは前から1着欲しかったアイテムなのでちょうどよかった。
ちゃんと試着してから買いました。

Sephoraでの買い物はまた別の機会に紹介したいと思います~。

(つづくー!)

【べガス&グランドサークル2017/その1】ラスベガスに到着 & 初Uberでバリーズホテルへ!

カテゴリ:
【ラスベガス&グランドサークル周遊2017】の 旅行記もくじ はこちら!

LAXを出発して約1時間。ちょっとうとうとしているうちに、
あっという間にラスベガスのマッカラン国際空港に到着。
IMG_8318
飛行機降りたらもう空港内に早速スロットがあるー!!
さすがカジノの街だねー。
IMG_8320
さて、ここから何らかの方法で市内のホテルに向かわなければなりません。

事前に調べてみたところ、べガスでもスーパーシャトルは運営しているようだったので、
私はロサンゼルスと同じような感覚で【SHUTTLES】の看板が出ている方向へ、
スーツケースを引きずって歩いて行きました。

が。

【SHUTTLES】の看板の指し示す場所に辿りついても、
LAXのような乗合シャトル専用の乗り場は見当たらず、
周りの人達はどんどんUber(自動車配車サービス)を手配して、
その場を去っていきます。
最初は他にもたくさん人がいたのに、気が付けば最後の2・3人になってしまいました。

質問できるような空港スタッフもいない場所(駐車場)だったので、
うーん、このままここに一人取り残されてしまっては昼間とは言えさすがに怖い……。
シャトルよりは少し高くつきそうだけど、私も試しにUberを呼んでみるかな……。

前回WDWに行った際はSIMを差し替えていたために
日本で登録したアカウントの本人認証がうまくいかず利用できなかったUberですが、
幸いなことに今回の旅では 自分のSIM+レンタルwifiルーター という装備でしたので
アプリからあっさり配車を手配できました。
IMG_8321
なるほど、こりゃ便利…。

今、迎えの車がどこを走っているかあと何分くらいで到着するのかが一目瞭然だし、
乗車予定の車種はもちろん、運転手さんの名前と顔写真まで表示されてる…!

アプリの表示通り、ほんの数分で迎えに来てくれました。
私は今回、料金の安い「乗合い」を選択したので、他の数名のお客さんと共に市内へ。

タクシーよりは安いし、クレカで事前払いだからボラれる心配がないのも安心ですね。

※ただしUberは先日怖い事件(運転手が乗客を射殺するという)がありましたよね…
 同様の危険はタクシーでもあるわけだけど… 
 安全性と言う意味では乗合シャトルのほうがまだマシなのかなぁという感じはする…



空港から市内までは30分くらいだったかなー。

私の予約していたホテル「バリーズ」は、
「パリス」という同系列のホテルのお隣に位置しており、
この2つのホテルは内部通路で繋がっています。

この日、空港から同乗していた他のお客さん達は「パリス」泊だったようで、
ドライバーさんに、
「バリーズも中で繋がってるから、君もここで一緒に降りてね~」
と言われました。

内部通路のことは知っていたので素直に従いましたが、
べガスのホテルは1つ1つが巨大なので、いくら内部で繋がっているとはいえ
スーツケースをゴロゴロ転がして隣のホテルまで移動するのは結構大変だったー。



ともあれ、9時前にバリーズに到着。

チェックインのデスクは9時から開くようだったので、
近くのベンチで少し時間を潰し、その後フロントへ行くと
あっさりチェックイン完了&もうお部屋を使えるよと言われました。

わーラッキー!と思いましたが、帰国後に確認したら
ちゃんとアーリーチェックインフィーを請求されていた。
(そう言われてみるとそんな説明していた気がするw)

でも$20程度だったし、すっごく疲れていたので早く部屋に入れたのはありがたかったかな。
DSC02052
予約していたのは一番安いカテゴリーのお部屋でしたが、とっても広くて快適!
ああ、ここは(安くても)一応リゾートホテルなんだなーと実感が湧きました。
DSC02053
施設自体は確かに「新品ピカピカ!」ではないにせよ、
きちんと手入れされているから「古さ」は特に気になりませんでしたね。

べガスのホテルは巨大なので「ホテル内の移動が大変」というのは先ほども書きましたが
バリーズに関しては、フロントからお部屋までの移動はそれほど苦になりませんでした。
DSC02054
バスルームも清潔でとてもきれい。
アナハイムのモーテルとはやっぱり違うわw
DSC02055

さて、この日はここからアウトレットモールに買い物に出かけるつもりでしたが、
連日の疲労も蓄積していたし、せっかくお部屋に入れたので1時間だけ仮眠を取ることに。


…のつもりだったんだけど、結局3時間くらい寝てしまったw


目覚ましが鳴っているのは聞こえてたけど、どうしても目が開けられなかった~。

でもここでちょっぴり休めたおかげで少し体力が回復しました。
いよいよべガスの街に繰り出すよー!

(つづく!)

このページのトップヘ

見出し画像
×