【TB2009クロアチア&オーストリア/その11】発熱・ウィーン・赤ジャージのドクター

カテゴリ:

※【2009クロアチア&オーストリア旅行記】の もくじ はこちら!


絶不調DAY

11/25

日本を発って5日目の朝は、絶不調でスタート。


発熱&喉の痛み


がひどく、全身がだるくて体が動かないという事態に。
体温計が無くて測れなかったけど、多分体温は38℃は超えてたと思う。


この日は午後の飛行機でウィーンに向かう予定になっており、
午前中はドゥブロブニクの街で軽くお土産などを買うつもりでした。

が、とてもではないけど私は買い物を楽しめるような状況にはなく、
午前中はKちゃんとは別行動にさせてもらい、
チェックアウトギリギリまでホテルで一人休むことにしました。


そんなわけでこの日は午前中~午後の写真がまったくありません…


空港へ

一応手持ちの市販薬(解熱剤)を飲み、午前中いっぱい寝ていたものの、
それでいきなり体調が良くなるわけもなく…
重い身体を引きずるようにしてなんとか空港に向かいます。

Kちゃんの気遣いで、帰りはバスでは無くタクシーを使うことにしたのですが、
最低限の額しかクロアチア通貨に両替しなかった私達、現金の残りがあまりなかったんです。


じゃあせめて、ホテルから空港行きのバス停までタクシーで行こうということになって。


そうしたら、この時乗せてもらった運転手さんが


「このまま空港まで乗せて行こうか?」


と提案してくれたんですよね。
でも私達、本当に現金がほとんど残っていなかったから


「今、二人合わせても160クーナしか手持ちがなくて…」


と正直に話したら、


「……仕方ない。じゃあそれでいいよ!」


と言ってくれたんです~~;;


オフシーズンだったから、多少儲けが少なくても1組でも多く客を取りたいという
気持ちはあったと思うんですけど、それでも相場に比べたら
かなり安い金額で空港まで乗せてもらえることになったのでした。
あ、ありがたい……;;


しかし(本意ではなかったとはいえ)、結果的にかなり値切ってしまった形にはなるので
車内で感じ悪くされたりしたら嫌だなぁなんて思っていたら、なんのその。
道中はひたすらドゥブロブニクの名所や見どころについて楽しくお話ししてくれて、
すっごくいい運転手さんでした。(疑ってごめんなさい……)


しかもしばらく走ったところで、


「ここ、すごく景色がいいスポットだから、写真を撮ってあげる!」


と、わざわざ車を停めてカメラマンまで買って出てくれたり…笑


体調ははちゃめちゃに悪かったけど、このご厚意はさすがに断れず、
一旦下車して、Kちゃんとふたりで海をバックに1枚撮ってもらいました。
(すっぴん&全身よれよれで相当面白い感じに写ってたはずなんですが、私はデータを持ってなかった…。
 Kちゃんのカメラで撮ってもらったんだったかなー)



空港へは無事に到着し、運転手さんにお支払いしつつお礼を言うと、


“Come back Again!


と言って送り出してくれたのも嬉しかったな。少ない額で乗せてもらった上に…
本当に助かったし、ありがたい思い出です。



ウィーン到着。(実は)紛失していた携帯電話のその後

親切な運転手さんのおかげで、予定より早くドゥブロブニク空港に到着できました。
ここからザグレブを経由して最終目的地のオーストリアへ向かいます。

1335ドゥブロブニク発~1440ザグレブ着
1740ザグレブ発~1835ウィーン着

待ち時間と機内ではひたすら寝ていました…しんどかった…
IMG_4277
ウィーン国際空港 に到着!

ここでやっとこの日1枚目の写真。
解熱剤が効いてきて、やっと写真を撮る余裕が出て来たようです。
IMG_4278
そうだ、このことはまだ書いていなかったと思うんですけど実は私、


初日の成田~ウィーン便の機内に携帯電話を忘れる


という大ポカもやらかしてまして…


当時使っていたドコモのガラケーはどのみち海外では使用できない契約だったので、
クロアチア観光中は特に無くても問題なかったものの、
日本に帰国後絶対に必要なものなので、無事に見つかるか心配で心配で。

ウィーン到着後すぐに空港内の派出所に相談に行くも、紛失物は警察の管轄外とのこと。
仕方なく、翌日改めて空港のインフォメーションに相談に行くことに。

うーん、できれば今日のうちに解決したかったけど仕方ない…


病院へ

預け荷物をピックアップし、市内行きの電車乗り場へ向かって歩いていると、
空港内に診療所があるのを偶然発見!

この時間から市内で診てもらえる病院を探すのは大変だろうし、
もし可能ならばここで診てもらいたい!と受付へ。


「風邪引いちゃったみたいで…診察をお願いすることはできますか?」


受付には優しそうなお兄さんが座っており、「OK,Comin'」と中に通してくれました。
ちょっとホッ。




ほとんど待たされずに診察室に呼ばれました。

そこに現れたのは、真っ赤なMILLETの細身ジャージを着た何やらイケメンな先生。
空港内の診療所とはいえ、MILLETのジャージ(しかも赤)が医師の制服とは…
さすがヨーロッパ…(スポーツドクターみたいな感じだった)


Dr「今日はどうしたの?」
私「風邪を引いてしまって…(喉が腫れていて、かすれ声)」


この時点で体温を測るも、自分で飲んだ解熱剤が効いていたために結果は 37℃ちょっと


Dr「Not too bad. そこまでひどくは無いようだけど、どうしてほしい?」
私「まず熱を下げて…それとこの喉の痛みを取って声が出るようにしてください…」


そう言うと、薬を1箱処方してくれました。(おそらく解熱沈痛剤)


Dr「1回1錠ずつで、最高でも1日3回までだよ。わかる?」
私「はい、わかりました…」
Dr「OK,Perfect. 食事の後に服用してね。水もたくさん飲むこと。
    今日は他に何か薬飲んだ?」
私「あ…自分で持ってたコレ(日本の市販薬)飲んじゃった…(見てもわからないよね…)」
Dr「(私が差し出した薬袋を見て)あ~はいはい、コレね~!
私「(……え?日本語なのにわかるの????)」

Dr「…なんつって、ホントは見ただけじゃわかんないけど。アハハ~!
私「知らないんかい!!(声出ないのにつられて笑う私)
IMG_4291
Dr「Ahaha~まあ、そんなに心配しなくても大丈夫だよ。お大事にね」



こんな感じで診察は終了。

熱でボーっとする中、英語で問診を受けるのは簡単ではありませんでしたが、
先生もスタッフさんも優しかったので助かりました。
(ちなみに私は「英語出来なくても海外行けるよ!」という意見に反対はしないんですが、
“自分一人で現地の病院や警察に行けるかどうか”というのは大事なことだと思っています)

支払い額は€30くらいだったかな。
一応会計の時に診断書も出してもらって、帰国後に全額保険でカバーされました。



ちなみに、帰国後に調子崩して通院したという経験は何度かあるけど
海外で病院にかかったのは今のところこの時が最初で最後。

あれだけ具合が悪かったにもかかわらず、
先生との一連のやり取りはわりと細かく日記に残してあって
(多分翌日にでも思い出して書いたものだろうけど)
当時はブログやってなかったけどやっぱ

「こんな経験はめったにない」

って思って書き留めといたのかな。(おかげで今回の記事が書けた)



市内のホテルへ

やっとこの日泊まるウィーン市内のホテルに向かいます。
IMG_4276
空港から市内へ向かう方法はいくつかありますが、
この時は特急列車(オーストリア連邦鉄道)を利用。
IMG_4281
値段も安く、ウィーン国際空港からウィーンの中心部まで15~30分ほど。
IMG_4279
ウィーンでは

アルティスホテル  HOTEL ARTIS 

という宿に2連泊する予定でしたが、最寄駅に到着した時点でもう辺りが暗くなっていて、
道に迷っちゃったんですよね。(繰り返しますがまだスマホもない時代で)

何人かの人に尋ねても(皆さんとても親身になってくださったものの)なかなか辿りつけず。
最後に、道を歩いていたおばあさんに尋ねたら、


「Hotel Altis…うーん…Altis…うーんうーん…(←めっちゃ思い出そうとしてくれてた)
 ごめんね、私にはわからないわ。ごめんなさいね。」


と実に申し訳なさそうに笑顔で謝ってくれたんですが、その直後


「Ah!わかったわ!Altisはあっちよ!ついていらっしゃい」


と途中まで案内してくれて、おかげで何とかホテルに到着!
IMG_4444
あ~~~やっとついた~~~!!!!ベッドで寝られる~~~!
IMG_4283
チェックインして早速お部屋へ。
IMG_4284
部屋は狭くベッドも小さかったけど、ホテルの施設自体は
この旅で泊まった宿の中で一番新しかったです。
IMG_4285
まだそれほど遅くない時間だったので、Kちゃんは少し街を散策したいと外へ。
私は軽くシャワーを浴びてベッドへ倒れ込みました…
IMG_4286
はぁーーーーーひどく長い一日だった…

体調はしんどかったけど、タクシーの運転手さんや空港の診療所の先生、
さらにはホテルまで道案内をしてくれたおばあちゃん、
そしてもちろん相棒のKちゃんも。
たくさんの人に助けてもらった感謝の1日でもありました。

一人ではとてもここまでたどり着けなかったなよなぁ…

(つづく!)

【TB2009クロアチア&オーストリア/その10】ドゥブロブニク観光③夜景

カテゴリ:

※【2009クロアチア&オーストリア旅行記】の もくじ はこちら!

ぐるっと城壁の上を一周して、再び街に降りてきました。
IMG_4090
ふたたび旧市街をぶらぶら。
IMG_4094
ドゥブロブニクは小さな街なので、見るべきところはもう大体回れたかな。
この日の予定はあとは夕飯を食べるくらい。
IMG_4163
お、かわいこちゃん発見。
IMG_4166
さっきはランチの前だったから我慢したけど、ここでおやつタイム。
IMG_4170
盛りがよい!おいしかったです。
IMG_4181
アイス休憩を終えて外に出ると、すでに日が暮れていました。
IMG_4192
ドゥブロブニクは、今まで訪れた国…その中でも特に、
ヨーロッパの国々の中で最も忘れがたい夜景を見られた街だったかなと思います。
IMG_4186
まるで物語の中にでも迷い込んでしまったかのような。
そんな錯覚にしばしば陥りそうになる。
IMG_4190
ドゥブロブニク、これだけ人通りが少なくてもさほど怖くない程度には
治安が良好なのもありがたかったな。

外国でこんな時間に人気のない小道を歩くなんて、まず出来ない街も多いので…
IMG_4196
さてさて、もういい時間なのでそろそろ夕飯を食べに行きます〜。
IMG_4198
前の晩に訪れたお店がめちゃくちゃおいしかったから、この日も再訪してしまいました。
IMG_4230
店名ももう覚えていないんですが、港のすぐそばにあるお店でした。
IMG_4232
他の方のクロアチア旅行記ブログでも見かけたので、
ガイドブックには結構高い確率で載っているお店だったのかも。
IMG_4234
さてーお店に到着。
IMG_4237
前日に続いて、この日も2階席に通されました。
IMG_4238
それにしてもここ、なんだかちょっとTDSにありそうなお店だと思いません?
IMG_4239
帆船の模型が飾ってあったりするのもそれっぽい。
IMG_4243
とりあえずドリンクを注文。
IMG_4244
まずは乾杯ー!
Kちゃんはもちろんワイン、私はまたもレモネードか何かかな?
IMG_4245
この日は、さっきアイスを食べたばかりでそれほどお腹が空いていなかったので、
前日よりも軽めのオーダーにしました。

まずはサラダと…
IMG_4248
鍋たっぷりのエビのガーリック煮(だったはず)。
皮のままバリバリ食べるんですが、口の中がちょっと痛かった笑

でもこれ、めちゃくちゃおいしかった…!
IMG_4251
パンはサービス。
IMG_4252
最後は、デザートにプリン。
ごちそうさまでした!
IMG_4256
食後にスーパーに寄り道。
IMG_4220
主な目的は、ホテルで飲むためのドリンクを買うこと。

連れのKちゃんはビールに目がなくて、世界中どこに行っても
毎晩ホテルでその土地の地ビールを晩酌するのが旅のルーティーンなのです。
IMG_4257
旅先でのこういう楽しみ方って、いいよねぇ。
私ももうすこしお酒が飲めたらなぁっていつも思う。
IMG_4222
飲めない私はチョコレートを物色したりなど。
IMG_4258
さて!お腹も満たされたしそろそろ部屋に戻ろう。
明日はオーストリアへの移動日です。あっという間に旅も後半戦。
IMG_4263
クロアチア滞在中、毎日お世話になったミネラルウォーターの写真を
撮っていたようなので載せておきます。

左がレギュラータイプのラベル、右側はクリスマスデザイン。
IMG_4265
かわいいよね!
ほんと、ホリデーシーズンのヨーロッパは一度は絶対行くべきです!



ところで。

私実はこの日、城壁を歩いているあたりからちょっと体調に異変を感じていたんです。

普段ならこれくらいの距離歩いてもなんともないのに、
今日はなんだか妙に疲れるな…って。 

その後、好物のアイスやおいしい夕飯を食べている時も、いつものような食欲がない。

「うーん、やっぱりこれはちょっとおかしいかも…明日大丈夫かな?

…と思いつつこの晩はベッドに入ったんですが、
翌朝その懸念は不幸にも的中します…苦笑

(つづく!) 

【TB2009クロアチア&オーストリア/その9】ドゥブロブニク観光②城壁を歩く

カテゴリ:

※【2009クロアチア&オーストリア旅行記】の もくじ はこちら!


引き続き、ドゥブロブニク編。
IMG_4087
ドゥブロブニクの旧市街は城壁にぐるっと囲まれていて、
入場料を支払えば観光客もその城壁の上を歩くことができます。

ドゥブロブニク観光で見逃せないポイントの1つです。
IMG_4098
早速いってみましょうー。
IMG_4100
長い階段を登り切ると、屋根が下に見降ろせます。
IMG_4105
城壁の外周は約2km。
入り口は3か所あり、それ以外の場所からは街に降りることはできないようです。
IMG_4107
大人の足なら1周30分かからないくらいかな?
IMG_4111
とはいえ私達はところどころで足を止め、写真を撮りながら進んだので
もう少しかかったと思いますが。
IMG_4128
いやーしかし天気が良くて嬉しい。
朝は曇っていたけど、なんとも気持ちがいい秋晴れ!
IMG_4113
ちなみに今歩いている城壁は、15~16世紀にかけて作られたものなのだとか。
IMG_4117
海に面した街だから、こうでもしないとすぐ他国に侵攻されて大変だったんでしょうね。
IMG_4118
だいぶ高いところまで登ってきました。
IMG_4119
洗濯物、干すの大変そう笑
IMG_4120
ずんずん進んでいきます。
IMG_4121
ロブリイェナッツ要塞
1000年も前に作られたもので、その後増築が加えられてきたそう。
IMG_4126
街並がかなり小さく見えるようになってきた。
IMG_4131
ここはひょっとして砲台か何かだったのかしら…
IMG_4132
ひょっこりひょうたん島みたい。
ロクルム島という名前がついているそうです。
IMG_4134
下にいるのは釣りをしている人達かな?
IMG_4137
この時間帯の城壁は観光客がほぼいなくて、貸し切り状態。
かなり贅沢でした。
IMG_4135
そういえば、この前日に街を歩いていた際、地元のおじさんに話しかけられたの思い出した。


「君たち日本から来たの?
 ちょっと聞いてもいいかい?
 なんでわざわざこんな時期に来たんだい?」



ってwww


ドゥブロブニクはやっぱりが一番いい季節で、
わざわざオフシーズンに来るなんて余程の変わりものか、物好きだと思われたみたい笑
IMG_4152
その時は正直に「夏は休暇が取れなくてね~」って答えたけど、
私もね、できれば次は夏に来たいなって思ったよ笑
IMG_4143
2人でのんびりぐるっと歩いてきましたが、そろそろ終点。
IMG_4146
ドゥブロブニクは、「アドリア海の真珠」と呼ばれ、
ジブリの「魔女の宅急便」「紅の豚」の舞台になったとも言われています。
IMG_4148
私、ジブリ作品に関してはディズニーほど熱心なファンではないものの、
(もちろん嫌いでは無いです、一通りは見ているし)
紅の豚だけは大好きで、何回も見てるんですよね~。

実際に街を訪れてみたら、本当に「あの世界観」がそこに実在していて驚いた!
IMG_4150
過去には地震や内戦で壊滅的なダメージを受けたこともあったなんて、
この美しい景色からは想像もできないな…
IMG_4162
そろそろ日が傾いてきました。ちょっと名残惜しいけど街に降ります。
IMG_4149
(つづく!)

【TB2009クロアチア&オーストリア/その8】ドゥブロブニク観光①

カテゴリ:

※【2009クロアチア&オーストリア旅行記】の もくじ はこちら!

ドゥブロブニク2日目の朝。
IMG_4039
ホテルの部屋からベランダに出てみると、なかなかいい眺めでした。
オーシャンビュー。
IMG_4041
屋外プールもあったのね。オフシーズンなので水は抜かれていましたが。
IMG_4040
しかし、今朝も天気はいまいちだな~。降らないといいけど…。
IMG_4037
さて、朝ごはんを食べたら出発です~!
IMG_4044
ホテルの中庭?から海岸のそばまで降りてみました。
IMG_4045
晴れてたらすごくきれいなんだろうなー。ちょっと惜しい。
IMG_4046
バスで市街地まで移動します。
IMG_4047
この日買ったのは1回券かな?
1日乗り放題になる券もあった気がしますが、元が取れなさそうだったので。
IMG_4050
昨日に続き、旧市街を観光して行きます〜。
IMG_4051
昨晩は暗くてよく見えなかった 城壁や要塞 もばっちり見えます。
IMG_4052
前日と同様、ピレ門 をくぐって中へ。
IMG_4054
ドゥブロブニクの旧市街は1979年に世界遺産に登録されました。
その美しい景観はジブリ映画の舞台になったと言われています。
IMG_4055のコピー
ドゥブロブニクには、例えばサグラブファミリアとか、コロッセオとか、
はたまたルーブルやオルセーのような派手な寺院や美術館…といったものはないのだけれど、
街全体が見どころという感じかな。

ぶらぶらしてみます。
IMG_4057
ジェラート屋さんの看板が素敵。
IMG_4061
ポスト。
きっと地元の人には何でもないものだろうけど……黄色がかわいい。
IMG_4062
マラ・ブラーチャという薬局に行ってみます。
IMG_4063
マラ・ブラーチャはピレ門近くの修道院の中にある薬局で、
クロアチア最古、世界でも3番目に古い歴史があるのだとか。
IMG_4064
薬局内は撮影禁止とのことで写真はないのですが、
ローズウォーターが看板商品として人気があるそう。

中世から受け継がれているレシピで作られている化粧水だそうです。
IMG_4065
パッケージがレトロでかわいいのですが、私は結局何も買わずにお店を出ました。
(化粧品に関してはどちらかというと最新技術が詰まった製品を信じている方なので…)
IMG_4066
院内の美しい回廊を見学して終了。
IMG_4067
回廊に入るには有料チケットが必要でした。
IMG_4072
町歩きを続けます。
IMG_4070
いやーこんなちょっとした小路も、まさにジブリの世界だな〜!
IMG_4068
またアイス屋さん発見。
IMG_4083
そろそろお腹も空いてきたので、まずはランチを先にしようと適当なお店に入りました。
IMG_4074
オープンテーブルのレストラン。
IMG_4073
連れのSちゃんが飲んだ白ワイン。
私は毎度のことながらコーラで乾杯。
IMG_4078
前日に続いてここでも海の幸を満喫しました~!
IMG_4076
イカスミのリゾットと、ムール貝の白ワイン蒸し。
あー、海辺の街って最高!
IMG_4079
私、ムール貝って日本ではわざわざ頼まないんですけど、
ヨーロッパを旅していると、時々「本当においしい一皿」に出会えることがあります。

ちなみに、この日食べたのは生涯で2番目に美味しかった!
(1番は以前ベルギーのブリュッセルで食べたムール貝!)
IMG_4080
ぺろっと完食!ごちそうさまでしたー!
引き続き観光を続けます~!

(つづく!)

【TB2009クロアチア&オーストリア/その7】ザグレブ→ドゥブロブニクへ!

カテゴリ:

※【2009クロアチア&オーストリア旅行記】の もくじ はこちら!


クロアチア観光2日目。
この日は午後の便で首都ザグレブを離れ、飛行機で次の街へ移動します~!
IMG_3995
これから訪れるのは、


ドゥブロブニク  Dubrovnik


という、アドリア海に面した街です。


ザグレブからドゥブロブニクまでは直行便で1時間ほど。

しかしこうしてみるとクロアチアってすごく面白い形してますよね。
IMG_3998
14:40  離陸
IMG_3996
航空会社はクロアチア航空
IMG_3999
機内ではドリンクとペッパークッキーが配られました。
(このクッキー、スパイシーでなかなかおいしかった!)
IMG_4000
15:35  あっという間に到着~。
IMG_4001
ザグレブは雨模様だったけど、ドゥブロブニクは良い天気!
IMG_4002
ここからはシャトルバスで移動します。
IMG_4004
国際線ターミナルも経由してドゥブロブニク市内へ。
IMG_4006
夕陽を眺めながらバスに揺られること約30分。
IMG_4010
無事ドゥブロブニクに到着しました!


が、なぜかここから数時間分の写真がまったく残ってない…???


ホテルの写真も1枚もないのはおかしいな?と
よくよく考えてみたら思い出した。


私達、降りるバス停を1つ間違えてしまって、ホテルまで歩いて向かったんですよね。
距離的にはそうたいしたことはなさそうだったので。

でも、実際に歩き始めてみたらひたすら坂道だったんです……
1人10kg程度のバックパックを背負って歩くには結構ハードな道のり。
(しかも地元の人に度々道を尋ねながら…)

結局、ホテルに辿りついた頃には2人ともヘトヘトで、
写真を撮る余裕なんて1mmも残ってなかったんだった。
IMG_4013
そんなわけで写真はいきなりです。
ホテルに荷物を置いてすぐ、夕食を食べに外に出ました。
IMG_4014
ドゥブロブニクは海に面しているため、かつてはこのような要塞が街を守っていました。
これね~すごいよね~!迫力ある!
IMG_4015
写真はまたもブレブレです。明日改めて見に来よう。
IMG_4017
門をくぐりぬけるとそこには旧市街の街並みが広がっていました。
IMG_4020
白熱灯にほんのりと照らされた街は、日本からやってきた私達にはまるで異世界

いいな~この雰囲気…!
映画かアニメーションの世界にでも迷い込んだみたい…
IMG_4024
こちらの荘厳な建物は 聖ヴラホ教会
この辺りも明日改めて観光に来ることにします。
IMG_4025
とにかくもうお腹ぺこぺこなのです。

夕飯はガイドブックに載っていたお店から選びました~。
IMG_4029
この時期のドゥブロブニクはオフシーズンで、
「春まで休業」というレストランも多かったんです。

なので選択肢があまりない中からのチョイスだったんですが、
このお店がね~、大当たりだったの!
IMG_4033
メニューにはアドリア海のシーフードをふんだんに使ったお料理が並びます。

私達はマリネリゾットを頼んで2人でシェアしたのですが、
どちらも最っっ高に美味しかった!

特にこのリゾット…!
魚介の出汁がこれでもかと鍋に凝縮されていて…!!!!!!
IMG_4034
入店時は私達しか客がおらず心配になったけど、その後ほぼ満席に。
人気のお店だったのかな~。

カジュアルな雰囲気で入りやすく、お値段もそこそこ。
いつかまたドゥブロブニクに行く機会があればぜひ立ち寄りたいお店です。

(つづく!)

このページのトップヘ

見出し画像
×