カテゴリ

カテゴリ:2008-Egypt

【TB2008エジプト/その24】ハン・ハリーリ市場~帰国まで

カテゴリ:

※エジプト旅行記2008の【もくじ】はこちら!


この日は17時台の飛行機で日本に帰国する予定。
IMG_2240
フライトの時間が刻々と迫る中、最後の最後にやってきたのは、

ハン・ハリーリ・バザール

エジプト最大とも言われるスーク(市場)です。
IMG_2241
このハン・ハリーリがね~、
まさに東京ディズニーシーのアラビアンコーストそのものの雰囲気で、
「おおおーーーー!」と思った!

ディズニーのイマジニア達はパークの創造過程において、
必要であれば何度も実際に現地を訪れてリサーチを重ねると聞くけれど、
TDSもそんな努力の賜物なんだろうな~。
IMG_2243
ここでも自由時間がとられたので、いくつかのお店を回って少しだけ買い物をしましたが、
ただでさえ時間がない中でアラブの商人たちと交渉するのはいつにもまして大変だった笑

散々あれこれ交渉した後、最終的には

「お金はいいから、日本製のボールペン持ってたらくれない?」

と言われたり笑


でもね、エジプトで出会った商人のおじさん達はなんだか憎めない人ばっかりで。
押し売りというか、ある種の強引さは見られるものの、みなさん愛嬌があるんですよね。


値段交渉をしている時はシビアな態度だけど、交渉が成立すると一転して笑顔になって、
なんやかんやとオマケしてもらったことが何度もありました。


最終的に何も買わなかった宝石屋さんで、帰ろうとしたらお兄さんが追いかけてきて

「これ、あげる~」

と小さな宝石(傷があって、アクセサリーにはできないような)をプレゼントしてくれたり。


なかには全く商売っ気(売る気)がなくて、
ただただおしゃべりしたくて客を引き留めるようなおじさんも笑


そういえばこの旅行中、日本人ガイドのSさんが、


「なんだか、エジプトの人達って幸せそうですよね。そんな顔してません?」


と言っていて、本当にそうだな~って納得したのをよく覚えています。
IMG_2245
自由時間の終了が近づいてきたので、集合場所へ。
IMG_2244
なんだか突然空が暗くなったと思ったら、
街中が白いもやに包まれたような感じになってびっくりした。

なんだろう?砂嵐?みたいな?
IMG_2246
さて!これでエジプトでの予定は本当に全て終了。

いよいよ空港に向かうぞ~!…というところでハプニング
IMG_2247
ど、道路が水浸し…
IMG_2250
ひえーーーなんだこれは………雨が降っているわけでもないのに…
IMG_2251
車高がそう高くない車などはタイヤが半分も沈んでしまっています。
必然的に徐行運転を余儀なくされ、渋滞気味…

ノロノロと進んでいくと、原因が判明。
IMG_2252
なんだろうこれ?排水溝?
ここからドハドバと水が溢れ出ていたようです。

ツアー参加者の荷物は全てバスのトランクの中に収納されていたのですが、
幸い、私とKちゃんのバッグはほとんど濡れずにすみました。

でも中にはスーツケースの中が半分くらい水に浸ってしまった方もいたようです。
(私達はバックパックだったので、スーツケースの上に重ねて置かれていたのだと推測)
IMG_2254
最後の最後までいろいろありましたが、やっとやっと空港に到着!
道路の冠水事件で予定より遅くなってしまい、ガイドさん達はかなりハラハラしたようです。

フライトに間に合ってよかったけれど、時間がなかったために
ガイドMさんとの別れを惜しむ時間が充分に取れなかったのが残念…!

何とか急ぎでお礼の気持ちは伝えられましたが、本当は一緒に写真を撮ったりしたかったな~。
IMG_2258
Mさんに見送られ、搭乗エリアへ!

お腹が空きすぎて機内食まで耐えられそうになかったので、
一人マックで買い食い笑
IMG_2260
「日本のマックには無いバーガーがいいな」と選んだのは、マックアラビアという商品。
適当に買ったけどこれ、むちゃくちゃ美味しくて一気に食べちゃった。
IMG_2261
さて、本当にエジプトを去る時が。

毎日長距離を移動して、うだるような暑さの中、朝から晩まで観光して…
ほんっとうに疲れた!でも最高の旅だった!


……いつかまた来れるかなぁ。
IMG_2265
ここから日本までまた10時間以上のフライト。

離陸してほどなくして機内食が出てきました。
IMG_2266
なんかまた凄いのが出てきたぞ…笑
たしかこれ、シーフードカレーだったはず…
IMG_2267
2食目は朝ごはん。

ちなみに、復路はたまたま非常口席が割り振られたのですごく楽でした。
無事に成田空港に到着!
IMG_2268
これでエジプト旅行記はおしまいです~!


「去年(2007)はハワイだったから、今年はもう少し冒険したいね~」


なんて軽い気持ちで決めた行き先でしたが、結果的にものすごく思い出深い旅行になりました。


添乗員付のツアーって、もっとすごく不自由なものなのかなと想像していたけど、
むしろめちゃくちゃ快適なんだとわかったのは本当に収穫でした。
何事も、自分で試してみないとわからないもんだなぁ…。

ただ1つ、「食事を自分で選べない」という点を除いては、ツアーは良いこと尽くめでした。

それに、ことエジプトに関して言えば、あれだけの数の遺跡を僅か8日間で見学するのは、
個人旅行では不可能に近い
と思います。貸し切りバス無しではまず組めない旅程でした。


他の参加者の方達といろいろお話できたのもよかったな。
Kちゃんとの二人旅ももちろん大好きだけど、やっぱり賑やかなのは楽しいからね。


正直言うと、他の方達と仲良くなれるか、参加前はちょっと心配してたんです。
でもこれは完全に杞憂でした!


1つよく覚えているのが、旅後半のある日、皆さんと食事のテーブルを囲んでいて
「これまで旅行で訪れた国」の話になった時のこと。

皆さんの「あの国はよかった」「あの遺跡は素晴らしかった」というような話を聞いていたら、
なんと今回のエジプトツアーに参加している方のほとんど全員(私やKちゃんを含む)が、
過去にカンボジア(アンコールワット)に行ったことがあるということがわかって。


その時、


「ああこのツアー、もう一通りの観光地は行き尽くして、
 “もっと凄いもの”を見たくてエジプトまで来ちゃった人達の集まりだったのか」



…と、気が付いたんです。


言うまでもなく、アンコールワットはカンボジアが誇る素晴らしい世界遺産ですが
ショッピングやエンターテイメントを楽しむというタイプの場所ではないため、
単純に「遺跡に対してそれなりに興味がある人」じゃないとわざわざ選ばない旅行先ですよね。

でも日本から比較的近く、物価も安いから、
「行きたい気持ちさえあればいつでも行ける国」でもある。


そんなアンコールワット訪問率の異常な高さ…笑


この時、なぜほぼ初対面のみなさんとこんなに楽しくお話できるのかということを
一瞬で理解できた気がしたのでした。
結局、好きなものや興味の対象が同じ人達が集っているからだったんだなーと。 

考えてみれば当たり前のことなんですけどね。





大体これで書きたいことは全部かな?

この旅で団体旅行の良さを体感した私達2人は、この数年後、
再び添乗員さん付のツアーで中東を目指すことになります。
…という話はまた今度、機会を設けてゆっくりしますね。



ディズニー要素ほぼゼロの旅行記でしたが、お付き合い頂きましてありがとうございました!
また次の旅行記でお会いしましょうー!


KATE

【TB2008エジプト/その23】現地ガイドさんによる、エジプトとイスラム教の話

カテゴリ:

※エジプト旅行記2008の【もくじ】はこちら!


モハメド・アリ・モスクの中を見学します。

モスクはイスラム教徒の方達にとって神聖な場所ですから、
我々観光客も靴を脱いで入室します。

肩が出るような洋服や、短パンもNG。
IMG_2214
堂内には、大きくて豪華なシャンデリアが。
IMG_2223
床に腰をおろし、現地ガイドMさんのお話を聞きます。



実は、私がこのエジプト旅行記を今更ながらも書き残しておきたいと思った理由の1つは
この日ガイドさんに聞いたお話にあるのです。

日本から遠く離れたエジプトという国のこと。
そして、そこに暮らす人々の多くが信仰するイスラム教という宗教のこと…

知っているようで知らなかったお話を、たくさん伺うことができて、
ちょっと目からウロコだったり、それまでと見方が変わったようなところがあって。


今回はこれまでに比べると文字量多めの記事ですが、
もし興味がある方がいたらぜひ読んでみてほしいです。


※以下、移動中にバスの中で聞いたお話も一部含まれますが、
 旅行中にガイドさんから教えてもらった話をまとめて書き出してみました。


ラマダンとは

イスラムの暦では、9月は「ラマダン」と呼ばれる断食の月です。
(なお、イスラム暦の1年は365日ではないため、西暦での日付は毎年ずれていきます)
この1ヵ月の間は、「日の出から日没まで」一切何も口にしてはいけません。

断食というからには、丸1日何も食べてはいけないのかと思っていたけれど
(それはさすがに無理だ)、日没後は食べてもOKなんですね。

とはいえ、暑いエジプトで日中は水も飲めないというのは簡単なことではありません。
ラマダンが真夏に当たる年などは、夜のうちにしっかり水分を補給しておくそうです。

また、ラマダンに参加するのは「心身が健康な人」に限られるそうで、
お医者さんの指示がある人は必ずしもやる必要はないとのこと。
妊婦さんや高齢の方も免除の対象になるとのこと。

仕事の就業時間も普段より短くする会社が多いようです。
IMG_2211
私達の感覚だと、

「断食月が1ヵ月にも及ぶなんて、どんなに大変なことだろう」

と心配してしまいますが、Mさんによるとそれはちょっと違うみたい。


「イスラム教徒の方達にとってのラマダンは、決してつらい・苦しいばかりの行事ではなく、
1ヵ月間続くお祭りのような感覚なんですよ」


えー!お祭り!?

とちょっとびっくりしましたが、たとえば、
日本のお正月のようにテレビでは特別番組が放送されたり、
昼間食べられない分、夜にたくさん食べすぎて太ってしまう人がいたりするそうで。


こんな風に聞くと、確かにちょっとお祭りっぽいかもしれない。


そういえば、ラマダンからちょっと話は逸れますが、もう1つ面白い話を聞きました。

エジプトの方はお酒を飲まない(宗教的にNG)代わりに、甘党の人が多いのだそうです。
エジプト人の砂糖消費量は1ヵ月になんと平均2.5kg、年間35kg!

非常に暑い国であるということは多分に関係していると思われますが、
エジプトの人達は1日に3300kcalも摂取するとのこと。
日本では大体2000kcal程度が目安とされているので、1.5倍以上ですね。


一夫多妻制について

イスラム教では「一夫多妻制」が認められています。
これも私達日本人にとっては未知のものですよね。
IMG_2217
法的に認められているとはいっても、実際に複数人の奥さんと結婚している人は
全体の1%にも満たないそうです。


その理由は、この一夫多妻制には

「経済的にも愛情的にも 全ての妻を平等に扱わねばならない」

というルールがあり、旦那さんの負担がとても大きいから。

複数の奥さんに囲まれる生活にもし憧れる男性がいたとしても、
誰もが簡単に実現できることではなさそうです。


ちなみに、夫1人につき妻は4人までという決まりで、
2人以上の妻を持つ場合には必ず第一夫人の許可が必要なのだとか。


これまで「一夫多妻制」と聞くと、どうしても時代遅れで男尊女卑な制度、
という印象が強かったのですよね。でもMさんの話を聞いて

「“思っていたよりは”、女性側にも多少の配慮がある制度なんだな…」

と感じました。
うーん、でもやっぱり今この2000年代にもなってどうなのかなとは思いますけど。


メッカ巡礼

御存じのように、メッカ=イスラム教の聖地です。
イスラム教徒の方たちは、


「一生に1回は、サウジアラビアのメッカに巡礼に行きたい」


と思っている方が多いのだそう。

ただし、旅行会社が企画するメッカ巡礼ツアーは、10~14日間で大体1人80万円程度。
お金に余裕がある人じゃないと行けませんね。
それでも、巡礼月のメッカにはなんと世界中から500万人(!)もの人が集まるんだって。

なお、ご存知のように、イスラム教には1日に5回の礼拝の時間がありますが、
今回の旅行中も、ガイドMさんは食事や休憩の時間の度にちゃんと地面に敷物を敷いて、
メッカの方角を向いてお祈りをしていました。
IMG_2218
ちなみに、イスラム教には「牧師さん」や「お坊さん」のような立場の人はいません。
聖教者はいますが、その役割は「教える人」。
IMG_2225
そうか、そういえばイスラム教では一切の偶像崇拝を禁じているから、
モスクの中にも絵や彫刻のようなものは無かったです。

天井や柱は抽象的な模様で装飾されていましたが、それだけ。


ヒジャブについて

最後に、ヒジャブについての話。
IMG_1165
エジプトに限らず、イスラム教徒の女性は、
髪をスカーフ(ヒジャブ)で覆い隠さなくてはなりません。

イスラム圏の国々の中には、

・女性は髪だけでなく顔まで全て覆い隠さなければならない
・全身真っ黒の衣装しか許されない

といった厳格な戒律を守り続けている国もあり、旅行者であっても(イスラム教徒でなくても)
必ず現地の服装規定を守ることを求められるケースもあるようですが、
エジプトはその辺のルールはそれほど厳しくはないようでした。

私達旅行者はヒジャブを身につけていなくても問題なく観光させてもらえましたし、
現地の女性たちは、洋服を選ぶのと同じように色鮮やかなヒジャブを身につけていました。

ガイドMさんによると、

「ヒジャブは現代では女性弾圧の象徴として批判を受けることも多いが、
実際に身につけている当の女性たちとしては生活の一部になっている。習慣のようなもの。」

とのこと。

自分のおばあさんや、そのまたおばあさんの時代からずっとそうしてきたから、
自分達もそうしている。それだけ。

そう言われてみれば確かに、旅行中に出会ったエジプト女性の服装は、
それほど厳しいルール下にあるという印象は受けませんでした。

若い女性達はカラフルなTシャツにジーンズ姿の方も多く、
ヒジャブの色をその日の洋服と合わせてコーディネートしている。


うん、私達となんら変わりない。


髪は隠しているものの、みなさん素顔は出して生活していらっしゃいましたから、
「家族以外の男性の前では顔を晒してはならない」というような国に比べると
Mさんのおっしゃる通り、エジプト女性にとってのヒジャブは
「戒律」というよりは「習慣」として今も受け継がれているものなのかもしれません。





と、こんな風にみっちりエジプトやイスラム教についてのお話を伺うことができて、
本っ当に勉強になりました。
エジプトについても、イスラム教についても、知っているようで全然知らなかったなーって。

それも、「エジプト生まれ・エジプト育ち」であるMさんに直接お話を聞けたというのは
すごくすごく貴重な体験でした。

本当にこのツアーに参加できてよかった~! 



考古学博物館

さてさて、旅も終盤です。
続いてはこちら!
IMG_2233
エジプト考古学博物館ーーー!!

言うまでもなく、エジプトで一番有名な博物館です。
滞在時間があまりなくて(たしか2時間くらい)急ぎ足で見学しました。

ツタンカーメンの墓から発見されたや財宝などもこちらに展示されています。
あの有名なロゼッタストーンもね!
(あの石、税金の話が彫られているんだって!)

残念ながら館内はほぼ撮影禁止だったので外観の写真しかないんですが、
ここもすごく面白かったですー。
(もうすこし詳しくレポートしたかったんですが、なんせ写真がないので
 これ以上文章のみでは解説できなくて…すみません…)

エジプトの遺跡を一通り見て回って、最後にここに来られたというのも良かったな。



最後のランチ

エジプトでのラストランチの時間がきてしまいました。
IMG_2234
連れてこられたのは…水上レストラン。
IMG_2235
最後の食事のメニューは…なんと…
IMG_2237
イタリアンwww

なぜwww
IMG_2239
まあでもイタリアンっていうか、むしろエジプト料理ですよねこれは笑
ごちそうさまでした!

(つづく!次で多分最終回!)

【TB2008エジプト/その22】ホテルで朝ごはん&モハメド・アリ・モスク

カテゴリ:

※エジプト旅行記2008の【もくじ】はこちら!


エジプト最後の朝です~!
おはようカイロ!
IMG_2187
夜景も良かったけど、朝も気持ちが良い眺めです。
IMG_2193
朝ごはんを食べにホテルのレストランへ。
IMG_2195
エジプトに来てからほぼ毎日ビュッフェスタイルの朝食だったけど、
最後は完璧なアメリカンブレックファストでした。
IMG_2196
こんなに果物がたくさんあるのも久しぶりだし…
IMG_2194
フレッシュチーズまで!
IMG_2197
生ジュースなんてこんなに種類が!
これはうれし~!
IMG_2198
いただきまーす!

パンケーキにフルーツにフレッシュチーズに…なんて幸せな朝ごはん!

昨日の腹痛をまだ引きずっていたため食べ過ぎないように気をつけましたが(充分食べてる)、
すごくすごくおいしかったです~!


モハメド・アリ・モスク

この日は夕方発の飛行機で東京に帰る予定ですが、
出国ギリギリまで観光の予定が詰め込まれていました。


いやーーーー、今思い返してもほんとにハードなツアー!笑


実際、同ツアー参加者の方でお一人ダウンしてしまった方もおられました。
(その方はガイドさんの計らいでホテルをレイトチェックアウトにしてもらい、
 お連れの娘さんと一緒に、帰国のフライト時間まで休んでいたようです。)
 

私も私でまだお腹が調子が本調子ではなかったのですが、
バスで席が近くだった同ツアー参加者の方(看護師さんをなさっているとのこと)に
お腹を壊していることを話すと、ご自分用に持参した胃腸薬を分けてくださって。
ありがたかった〜!
IMG_2200
さて、最終日1箇所目の遺跡は、モハメド・アリ・モスクです。
IMG_2202
人口の約9割がイスラム教徒のエジプトでは、街の中にたくさんのモスクがあり、
こちらはその中でも最も有名なものの1つ。1875年に完成。

エジプトでは珍しい大小のドームから成る外観は、トルコ文化の影響によるものだそう。
建設時、エジプトはトルコ(オスマン帝国)の支配下にあったんだって。

ちなみに、モハメド・アリというと、同名のプロボクシング選手を
思い浮かべる方も多いと思いますが、このモスクの名前の由来となったモハメド・アリは
かつてエジプトを統治した王様のこと。
オスマンから事実上の独立を果たしたという偉業により、国の英雄とされているのだそう。

※モハメドさんというのはエジプトでは非常にポピュラーな名前です。
IMG_2206
ところで、(↑)写真右上の塔に時計があるのがわかりますか?
これ、ルクソール編でちょっと話題に出てきたんですが、
ルクソール神殿の巨大オベリスクの代わりにフランスからもらったものがコレなんだって!
結構…というか、かなり地味!!

こんなん、絶対オベリスクの方が価値大きいじゃんね…。
しかも現在は動いてないんだってさ。
IMG_2203
とまあいろいろつっこみたくもなりましたが、とても美しいモスクです。
回廊も素敵。
IMG_2209
では、いよいよモスクの中に入ってみます〜。

(つづく!)

【TB2008エジプト/その21】ナイル川ディナークルーズとカイロのインターコンチ

カテゴリ:

※エジプト旅行記2008の【もくじ】はこちら!

 アレクサンドリアからカイロに戻ります。
IMG_2122
この日はエジプトで過ごす最後の晩。
私たちはオプショナルツアーの予約を入れてありました。

この日参加したのは…
IMG_2124
ナイル川ディナークルーズ

です!
IMG_2127
こんな感じの遊覧船に乗って、ナイル川をのんびり下るという内容。
料金は基本ツアー代金とは別で、1人9000円でした。
IMG_2128
お料理はブッフェ形式。
IMG_2129
スタッフさんが盛り付けてくれます。
IMG_2130
お料理は…うん、まあ…まあかな!?

これまで食べてきたものに比べてめちゃくちゃ美味しかったとか、
残念ながらそういうことはなかった気がするけど、
このディナークルーズの目玉は、料理ではなく…
IMG_2143
船内で上演される、エジプト伝統舞踊のショー!

これはねー、なかなか楽しかった!
IMG_2147
女性ダンサーさんによるベリーダンスは日本でも見たことがあったけど、

スーフィー・ダンス

と呼ばれる、スカートを履いた男性ダンサーさんが
ひたすらくるくる回り続けるダンスは初めて見るもので、これは凄かった!

あんまにクルクル回って、よく倒れないな!?
船内もすごく盛り上がってました〜!
IMG_2135
クルーズ下船後はホテルへ〜。
IMG_2165
エジプト最後のホテルは

SEMIRAMIS INTERCONTINENTAL
セミラミス・インターコンチネンタル

IMG_2166
今回のツアーは「全泊4つ星以上のホテル利用」というのが売りの一つだったんですが、
最終日で泊まったここが一番良かったですね。
さすがインターコンチ。
IMG_2170
夜にド弱のコンデジ故、ブレブレの写真しかないのが悔やまれますが…
IMG_2186
早速お部屋へ〜。
IMG_2175
わーい!中もきれいきれい!
IMG_2176
ウエルカムフルーツもある〜!
IMG_2182
よほど部屋を気に入ったのか、今までになくいっぱい写真撮ってた笑
IMG_2183
ブラウン管のテレビが懐かしい…
IMG_2181
テーブルと椅子
IMG_2171
洗面台とかフリーのドリンク類とか。
IMG_2173
そうそう、しかもこのお部屋ね…、
IMG_2178
ナイル川ビュー!

景観確約のプランだったの!これはめちゃくちゃよかったー!
IMG_2177
…と、ホテルもお部屋もとっても素敵で大満足だったんですが、
私、ここにきて盛大にお腹を壊しまして笑


もともと疲れが溜まっていたところに、ホテルの冷房が効きすぎていてやられちゃったみたい。
(あと多分前の晩に寝台車で食べた車内食、あれもよくなかった気がする。)


ともあれ!明日はいよいよ帰国です〜!
お腹は激しく痛いけど笑

(つづく!)

【TB2008エジプト/その20】エジプトの国民的スナックとポンペイの柱

カテゴリ:


※エジプト旅行記2008の【もくじ】はこちら!


エジプトの国民的おやつに下鼓

今回は、エジプトで食べたものの中で一番美味しかったものを紹介したいと思います。
IMG_2093
移動中、なぜかバスが停車したと思ったら、現地ガイドMさんが一人で車外へ出て行きました。

そして戻ってくると、手にはこちらが…!
IMG_2094
これは「ファラフェル」というエジプト国民的スナック(軽食)で、
ソラマメのコロッケと野菜を挟んだサンドイッチのようなもの。

エジプト出身のガイドMさんも大好物だというこのファラフェル。
なんとこの日は我々ツアー客全員に自腹でご馳走してくれたんです~!


「日本に留学していた間、この味だけは時々恋しくなりました」


とおっしゃっていましたが、これホント、すっごく美味しかった!

今回はこういう街角グルメみたいなものを楽しむ余裕がない旅だったから、
終盤にしてやっとエジプト思い出の味に出会うことができました。

そして、ファラフェルの美味しさもさることながら、またもMさんの
「日本の人達にもエジプトを好きになってもらいたい」
という想いに感動しきりな私達…。
どこまで素敵なガイドさんなんだ~~!!!!!

本当にご馳走様でした!


ポンペイの柱

続いてやってきたのは、こんな場所。
IMG_2096
唐突に大きな柱が1本…
「ポンペイの柱」と呼ばれる遺跡です。
IMG_2100
この柱、なかなか大きくてですね、
高さ27m、円周はなんと8mもあるのだそう。

この写真(↑)だとサイズ感があまりよくわかりませんが…
IMG_2102
こっち(↑)だとよくわかります笑
でかっっ

もともとは神殿が建っていた場所だそうです。
なんでこの柱だけぽつんと残っちゃったのかな?
IMG_2103
柱のほかは見どころがない場所なんですが、小さいスフィンクスもいました。
IMG_2098
旅も終盤なので、ガイドMさんと一緒に記念撮影をしてもらったのも良い思い出…


海辺でランチ

本日もやってまいりました、ランチタイム。
IMG_2107
海辺のレストランに連れてきてもらいました。

ここもまた観光客御用達のお店のようで(=味にはあまり期待できない…)
窓の外には観光バスが何台も停まっていました。
IMG_2105
1皿目はスープ。
ドリンクはレモンジュースを頼みました。
IMG_2106
連れのKちゃんはランチビール。
IMG_2111
ちなみに、ドリンクの値段はこんな感じでした。

今のレートだと30エジプトポンド=約200円くらいみたいなので、
まあ日本に比べたらだいぶ安いです。
IMG_2109
メインはフィッシュフライでした。

これ、結構嬉しかった~!肉にはすっかり飽きていたので笑
じゃがいもがフライじゃないのも良かった。
IMG_2110
デザートはエクレア
これはまあ、まあまあまあ。可もなく不可も無く。
IMG_2112
ごちそうさまでした。バスへ戻ります。
IMG_2114
ランチ後は、アレクサンドリア国立博物館へ。
IMG_2115
ここは入館前にMさんがいくつか見どころを解説してくれて、
あとは自由見学だったんですが、ほぼ記憶がないです…疲れてたのかな…笑

見学時間も短かくて、あんまりじっくり見られなかったというのもある。
IMG_2117
博物館といえば、この翌日に行ったカイロの考古学博物館はそりゃーもう素晴らしくて、
この世の金銀財宝を集めつくしたような場所でした。

その話はまた後ほど…。
IMG_2121
これでアレクサンドリアの観光はおしまい!

と同時に、地方都市の観光日程もこれで全部終了。
カイロに戻るよ~!

(つづく!)

このページのトップヘ

見出し画像
×